はじめまして、宿木雪樹(やどりぎゆき)です。現在はフリーライターとして活動しており、ときどき編集やデザイン、企画のお手伝いもさせていただいております。こちらでプロフィールと実績を書きます。読み進めれば読み進めるほどどうでもいい内容になっていきますので、お仕事の関連でこちらをご覧いただいた方は、どうぞ最初の方だけご覧ください。

フリーライター、宿木雪樹

2017年に独立し、ライターとしての活動を始めました。得意とするのは取材記事です。特に、ビジネスモデルを説明するものや、働き方について語っていただいたものを形にするタイプの記事が得意です。

実績①MAMORIO株式会社の記事執筆・編集(2017年12月~現在)

「チーフエディター」に任命してくださり、社員インタビューやイベントレポートなどを執筆させていただいております。本当に素敵な企業で、熱意に溢れた皆さまの声を届けられるのが幸せ。プロダクトのファンでもあります。

記事サンプル

ドールファンとしてMAMORIOを活用する―ひとりのユーザーが発見した可能性― | MAMORIO株式会社

ある日、TwitterでMAMORIO商品についてのユーザーの皆様の意見を確認していたMAMORIOスタッフは、ある一人のユーザーからとても 熱心なメッセージ を受け取りました。それはドール(人形)のイベントなどでの盗難・紛失被害に対してMAMORIOの利用が有効なのでは、というご提案でした。 ...

貼れる「MAMORIO FUDA」、未来のMAMORIOの形への大きなステップに | MAMORIO株式会社

2018年6月1日に発売された「MAMORIO FUDA(フューダ)」の発売を記念し、MAMORIOの東京オフィスにてイベントが行われました。会場には約20名のゲストとMAMORIOメンバーが集い、FUDAの発売を祝いました。プレゼンテーションの一部内容と会場の様子をレポートします。 ...

"自立した生活"を守る―丹野智文の語るMe-MAMORIOと認知症 | MAMORIO株式会社

若年性アルツハイマー症を発症しながらも、通常勤務や日常生活を生き生きと暮らす丹野智文さん。宮城県の認知症当事者を対象とした総合相談窓口「おれんじドア」の実行委員会代表も務める丹野さんは、多くの認知症当事者の声を聴いてきました。Me-MAMORIOのひとりのユーザーとして、認知症とMe-MAMORIOの関係について考えていることを取材しました。 ...

実績②Morning Pitchのレポート執筆(2018年4月~9月)

毎週7時から開催される、ベンチャー企業のピッチイベント。その熱量たるや、半端ない。これからの時代を創っていくビジネスモデルについて聴くことができて、私自身学ばせていただきました。そして、当日納品のスピードスキルを会得できました。(記事サンプルはオンライン会員限定のものなのでありません)

実績③VISITS Technologies株式会社の記事執筆

ご紹介いただいて1記事執筆、1記事リライトを担当させていただきました。社員の皆さまからあふれる知性、ビジョンの凄まじさに圧倒されました……。またご一緒できることを楽しみにしております。

記事サンプル

マッキンゼーで働いていた私が、スタートアップの経営企画に参画した理由。 | VISITS Technologies 株式会社

慶應義塾大学卒業後、会計士としてのキャリアを積んだのち、留学してMBAを取得。その後Mckinsey & Companyでのコンサルティング業務に携わり、現在はVISITS株式会社の経営企画業務に従事する堀江隆介さん。堀江さんが何故VISITSを選んだのか、その背景にはどのような想いがあったのかを伺いました。 ...

VISITSの技術顧問が「全ての人が卵の中から抜け出てやりたいことをやれる世界を創りたい」と語る理由。 | VISITS Technologies 株式会社

大学卒業後、独立系SIer、物流企業の社内SE、Railsエンジニア、iOSエンジニアを経て、VISITS Technologies株式会社の技術顧問を務める佐藤伸吾(通称 あきお )さん。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for ...

 

 

また、「人」や「食」に焦点をあてた記事が本当に好きです。できればこの気持ちでUターンした札幌を盛り上げたり、オリンピックに沸く東京を伝えたりしたいので、ぜひお仕事ください!

実績④るるぶ&more.の記事執筆(2018年4月~現在)

東京の素敵スポットをご紹介する企画・執筆・撮影をしておりました。次回からは札幌で……やりたいですね!!おいしいもの、素敵な人、すばらしい体験と出会えることの多いお仕事で、いつも感謝しております。

記事サンプル

幸せのヒントは仏教にあった!?大人気「坊主バー」に行くと明日が少し変わる理由|るるぶ&more.

仕事に追われて休みがない、彼氏とうまくいかない、遊びたいけど時間がない。女性は何かと蓄積する悩みが多いもの。たまにはバーで呑んですっきりしたい日もありますね。そんな日は、四ツ谷三丁目駅で降りて徒歩5分の「坊主バー」に行ってみては?線香の香りがただよう階段をのぼれば、そこには生きるヒントとおいしいお酒が待っています。

メガネ≠真面目!?お洒落キッチュな"よそ行きメガネ"で新しい自分に|るるぶ&more.

下北沢の商店街でひときわ鮮やかな店頭のアイウェアショップ「CIRCUS(サーカス)」。店に入れば、ポップな色合いのサングラスや一風変わったメガネがずらり。まるでサーカスのテントに迷い込んだような高揚感とともに、自分にぴったりのメガネを選べるコンセプトアイウェアショップの魅力をレポートします。

80分間のお嬢様体験!?夢のような時間が味わえる本気の執事喫茶|るるぶ&more.

東京、池袋にある執事喫茶「Swallowtail(スワロウテイル)」。ドアを開ければ、そこは"お嬢様"のための豪奢なティーサロンになっています。イケメンで丁寧な執事たちが最高のおもてなしを提供してくれる、日常から隔離された夢の空間。80分間のお嬢様体験をレポートします。

 

 

リサーチした上で記事を書くスタイルのお仕事もやります。「小難しいからあんまり書く人がいないよ」と言われるタイプの記事だと、リサーチが楽しくて燃え上がります。「若い人やこれからを担う人の悩みに寄り添うような」記事は今後自身が発していきたいメインのテーマなので、とてもやりがいを感じます。

 

実績⑤rebe careerの記事執筆(2018年2月~現在)

働き方についてさまざまな情報発信を続けている「rebe career」。転職、就職についてやわらかく触れるメディアで、今後を生きていく人の「?」に答えたいなと思いながら書いています。

記事サンプル

仕事が続かないのはなぜ?よくある原因と仕事を続けるために効果のある対処法 | 若手ビジネスパーソン向けのキャリアアップマガジン【Rebe career】

転職しても仕事が続かない、いつも同じように仕事を辞めてしまう......。そんな人は、なぜ仕事が続かないのでしょうか?さまざまな原因を確認していくことで、仕事を続けるためにどのような方法が効果的なのかをご紹介します。仕事が続かないことに焦りを感じている人は、ぜひ一緒に考えてみましょう。

 

平日休みの過ごし方のメリット・デメリットを比較して、あなたに合った平日休みの仕事を探そう | 若手ビジネスパーソン向けのキャリアアップマガジン【Rebe career】

「平日休みの仕事」。土日休みの仕事をしていると、その響きだけで惹かれてしまいますね。平日に休めると具体的にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?また、土日祝日休みとの違いを考えます。平日に休める仕事はどんな業種なのかもチェックしてみましょう。

仕事をしたくない、仕事がつらい時に効果的な解決方法と働かなくてもいい時を判断するポイント | 若手ビジネスパーソン向けのキャリアアップマガジン【Rebe career】

仕事がしたくない、仕事がつらい。そんな状態が続くと働けなくなってしまうことや、うつなどの病気を引き起こすこともあります。仕事をしたくない時に効果的な解決方法をご紹介するとともに、働かないほうがいいタイミングを判断するポイントを考えます。

実績⑥Roopaの記事執筆

数記事担当させていただきました。RPA、AIなど注目されているテーマを扱えるので、私自身携わることで学びが多く、大変楽しかったです。

増加するAIサービスとRPAでの活用

AIサービスの拡大に寄与した初期のAIは、独自のラーニングによってビッグデータを分析し、意思決定をサポートすることに長けたIT系のサービスが多く見受けられました。 また、近年ではRPAに活用されるAIが顕著になっています。 そこで今回は、RPAにAIが活用される事例と傾向についてご紹介します。 AI(人工知能)の特徴は、計算やマニュアル通りの実行を超えた「推論」と「学習」です。 ...

変化する産業構造!AI・IoT・RPAが変える仕事とは

それにより「仕事がなくなる」という懸念が不安を呼ぶ昨今ですが、果たしてAI・IoT・RPA(ロボットによる業務自動化)が我々の仕事に与える影響は、業務を奪うことなのでしょうか? 今回は、AI・IoT・RPAそれぞれの特徴と仕事の変化、事例などを解説していきます。 ...

 

 

その他、直接案件としてこちらで紹介しませんが、諸々書いています(ざっくりとしたまとめ)。お世話になっている、あるいは過去にお世話になった企業様のお名前を感謝とともにご紹介させていただきます。(あいうえお順、敬称略)

  • 株式会社イージーゴー
  • 株式会社デファクトコミュニケーションズ
  • デロイトトーマツコンサルティング株式会社
  • ナイル株式会社
  • 株式会社PR Table
  • VISITS Technologies株式会社
  • 株式会社MAMORIO
  • 株式会社リアライブ

 

また、私の働き方についてインタビュー・執筆してくださったライターのさかたさんの記事も共有します。私がどのようなことを考えて働いているのか知りたい方は、どうぞこちらをご覧ください。

「関わる人すべてを幸せにしたい」ライター・編集者「宿木雪樹(やどりぎゆき)」

The following two tabs change content below. 宿木雪樹 広告代理店を退職後、2017年6月からライター活動を開始。取材対象の魅力を引き出す記事を多く生み出している。現在は執筆だけにとどまらず、編集、企画など活動の幅を拡大中。 ...


 

会社員時代の私

ここから先は、現在の仕事とは特に関係のない話です。どうぞごゆりと……。

新卒入社した会社で学んだこと

新卒で入社した広告代理店で、「何かこう、クリエイティブで楽しいものがつくりたい!」という漠然としたワクワク感を数トンのハンマーで叩き割ってもらった経験は今でも本当に役立っています。これは皮肉ではなく、本当に私は無知だったという反省です。

クリエイティブなものができるまでには予想をはるかに超える大金が動いており、才能の有無を問わず多くの人間が関わっており、時間がかかるということを教えてもらいました。

この時教えてもらった企画スキル、企画書の書き方、営業方法、制作スケジュールの立て方、つらくても歯を食いしばる方法などは、今でも役立っています。何より、「自分は何者でもない」、「ビジネスの場において自分を役立てるにはスキルが必要だ」と心から感じられたことは、ぬるま湯育ちの私にはとても良い経験でした。

しかし、あまりに過酷な労働条件の中でこのままでは仕事に殺されると思い、辞めました。本当は何かを自分の手で伝えてみたかった。だから、このときは「自分の意志が弱くてリタイアした」という感覚が強く、悔しい想いを噛み締めました。

二社めで出会った大切なもの

転職先は前職と違ってバリバリ営業する必要がない、ちょっと特殊な企業を選びました。そこで私は、とても大切な存在と出会います。私はカウンセリングの資格をとり、まだ成長途中の人たちの悩みや相談を聞く業務を担当し、その人たちとのふれあいによって自分自身が成長できました。

誰かの話を聞くのが好きだ」と思いました。そして、そのカウンセリングの内容を情報共有のためにテキストに起こしているとき、一人ひとりのストーリーに惹かれるとともに、私がそれに出会えたことの喜びも感じたのです。

一方でこの企業で、私は「悩み」を搾取するビジネスモデルを目の当たりにします。誰かの人生を変えるかもしれない体験や時間を高額で売りさばく一方で、それにたいして責任を負わないシステム。私は悩む対象ともっとも近い立場にいたが故に、それが耐えられなかった。

とても不器用で真面目だから、もう組織には所属しない

あまりに苦しく、ついに体を壊してしまった私は、考えました。私はずいぶんきれいごとばかり言って我儘だなあ、と。しかし、思い返せばもともと私は我儘で、頑固でした。社会人になるために、その我儘さをひた隠しにしようと頑張ってきた。

その結果こんなにうまくいかなくて積み重ならないなら一度自分の思うように生きてみよう、と思いました。そして、フリーランスになりました。

学生時代の私

高校生までは周囲の人と趣味も話題もかみ合わず、やけに大人びた小説ばかり読んだ頭でっかちな思春期をこじらせ、大変なものでした。ちょっと自分が賢いと思っていたあたりが、またややこしい。

大学入学を機に上京したのですが、自分より優れた人との出会いや、初恋の経験、あまりに多い情報量などの渦に呑まれ、遅すぎる成長を爆発させました。多くの人に迷惑をかけ、我儘に生きた学生時代。失敗もたくさんしたし、プライドもへし折れた。

長くも不安定だった学生時代を支えたのは何かを書いたり、描いたり、弾いたりすることでした。表現するのがたまらなく好きで、表現を通じて自分と向き合ってきた一面もあります。小説執筆、イラストを描くこと、ピアノを弾くこと、ウェブサイトを作ること……。

浅く広く手を出して、自分を必死で伝え続けた経験は、無駄にはなっていないと思っています。そして「文章」を極めたいと今は頑張っています。自分を表現するというより、何かを伝えるときに役立ちたいという想いが強いです。

私の好きな人

パーソナリティを語るのに一番しっくりくるのは「好きな人」を紹介することですね。盛大な惚気話ですが、どうぞ。

漆くん

交際相手の漆くんは、心から大切な存在です。とても素直で真面目で、知的な人です。今は一緒に「家事と仕事50%ずつ」という生活を目指して模索しています。いつか2人で何かプロジェクトができたらいいなあ、と思っています。柔軟な選択をする覚悟は、この人と幸せに生きたいという野望から生まれるところも大きく、感謝しています。

椎名林檎

先日、20周年のライブに行って気がついたのですが、もう10周年のライブに参戦してから早くも10年が……涙ぐみます。ずっとあこがれ続け、彼女のような女性になりたいと思い続けています。仕事も容姿も美しくて、丁寧で可愛らしくて、ほどよく抜けていて。ああ、もう。好き。私とカラオケに行くと1曲は必ず林檎さんの曲を入れます(相手との親密度によって割合は増え、選曲のディープ度も深まります)。

レヴィナス

私が悩みに悩んでいたときにレヴィナスの本を読むことで救われたことから、私はレヴィナスを「心の友」と思っています。哲学への興味がわいたのもレヴィナスのおかげで、私の生き方に深く関わる人だなと感じる次第です。何度も、何度も振り返る。本を通じて、出会えてよかった人です。

ラヴェル

ピアノを続けるモチベーションになったのは、「ラヴェルの曲が弾きたい」と思ったからです。あんなに美しいと思える曲、他にない。音を聴いた瞬間、色や物語があふれてきて、涙が出てしまうのです。そういう体験を私にくれたのは、ラヴェル。心を震わせてくれる出会いがどれほどに大切かは、大人になればなるほど実感するものですね。ラヴェルは私にとって本当に、本当に大切な存在です。

私にまつわる特殊な設定

もうここまでくると、本当に私語りの嵐ですね。長い、長すぎるプロフィールです。最後になりますが、私を私たらしめている特殊な設定をいくつかご紹介します。「これ、私っぽいな」というやつ。もし私がマンガのキャラクターなら、顔の横に箇条書きで書かれるやつです。

フランス在住経験有。

幼いころ、父の仕事の都合でフランスに住んだ経験があります。その後、たびたびフランスに滞在しました。パリの強烈な香り、飾らないけれど沸き立つセンス、絶妙な人の距離感、生活の解放感。郊外の鉛色、少し遠くまで足を運べば見られる空の広さ、ワイン畑……。フランスから感じる「自由」が、私の生活や生き方の指標をそっと支えてくれているようにも感じます。

私、本当にフランスが好きです。フランスが心に根付いているから、日本の良さも悪さも見える気がする。次はいつ行けるかなあ。

ピアノが弾ける。

一番長く、一番真剣に続けてきたのはピアノです。先生になるための資格も取りました。耳で聞いてそれを弾いたり、ちょっと楽譜を見たらある程度理解したりはできます。ちゃんと毎日指をならせば、またあの曲が弾けるかな……なんてピアノの前に座ったりはしますが、今はずいぶんと感覚が鈍ってしまいました。それでもまた弾こうと思う。

年を重ねて色々な経験をすると、楽譜に書いてある音をどう表現するかが変わります。その変化を楽しみたい。おばあちゃんになるまで、ずっと

読書家、ジャンルレス。

好きなものの中で本のことを語ろうかなとも思ったのですが、私にとって本は「好き」というより「必須」みたいな、もっとドライな感覚を感じる相手なのでここで記します。

何かを調べる必要があるなら本、一息ついて空想に浸りたかったら本、悩んだら本、センスを磨きたければ本、もうなんでも本

だから読んで忘れちゃうこともあるし、範囲が広いので浅くなりがちなのですが、私を構成する大きなパーツだと思います。

長すぎるプロフィールはここまで。

以上です……いやあ……、長くなってしまいました。でも、こういうものをプロフィールとして掲載していても悪くないかな、と吹っ切れたので書きました。きっと、ここまで読んでくれた方は私に興味を持ってくれている方なのだと思うので、素直に感謝します。どうもありがとうございます

また、日ごろ顔を出すSNSはTwitter(@yuki62533)です。生活やらなにやらをつぶやきますので、もしよろしければどうぞ!

投稿日:2018年4月8日 更新日:

執筆者:yuki.yadorigi

Copyright© Reap , 2018 All Rights Reserved.