Job(仕事術)

ライターがポートフォリオを作るときに気をつけたい3つのポイント

投稿日:2018年5月19日 更新日:

自分が何をできる人材なのかを伝えることは、営業をするときにもっとも大切なポイントです。では、ライターが営業をするときに見せるべきポートフォリオはどのようなことに気をつけるべきでしょうか?ライターのポートフォリオについて考えます。

ライターのポートフォリオとは

ポートフォリオの定義

ポートフォリオとは、もともとは「紙ばさみ」「折かばん」などの意味の言葉で、書類をまとめるというニュアンスが転じて「作品をまとめたもの」という言葉で使われるようになりました。

ポートフォリオは主にクリエイターに属する職種の人がまとめる時によく使われており、自身が作るもののイメージを相手に伝えるためにまとめることを目的とします。

ライターのポートフォリオ

ライターのポートフォリオは、ライターとしてどんな仕事をできるのかが伝わるものをまとめることが必要になります。したがって、自身の書いた文章を複数まとめることでポートフォリオと定義することができるでしょう。

ライターとして見せるべきものは?

ライターとして見せるべき技術は、文章力、文章のテイストなどが挙げられますが、もう少し広く考えると「まとめる力」そのものを相手に伝えることが望ましいでしょう。ですので、営業する相手がもっとも望むまとめ方をして提示することが、ライターのポートフォリオでもっとも気をつけるべきことでしょう。

ポートフォリオをまとめる必要はない

営業相手に応じて変える方法

ライターの作品はテキストなので、イラストや映像作品と比較してサイズやデータ形式にこだわることなく相手に見せられることが強みです。

その強みを活かし、営業相手に応じて内容や形態を変えるとより効果的でしょう。たとえば、直接会ってポートフォリオを見せられる相手で、なおかつ求められている技術が取材であれば、取材した記事を写真とともにパンフレットにしたものを渡すなどの方法があります。

一方、webコンテンツを求められているときは、URLで既存の記事を掲出するとイメージがわきやすいかもしれません。

カテゴリーに合わせてカスタマイズする方法

今まで執筆した記事を、ポートフォリオで掲出することを想定してフォルダ分けしておくと便利です。たとえば、文字数や執筆したジャンル、インタビューの有無などに応じてフォルダ分けしておくと、営業先が求めるものに合わせたカテゴリーでまとめて提出することが容易です。

まとめ方はパンフレットからテンプレート文章までさまざま

掲出方法はさまざまです。パンフレットとして冊子にすると重厚感が出ますが、直接営業以外に活用しづらくなります。営業メールでのテンプレートとして数種のポートフォリオURLを作っておくと、複数社に営業をかけるときに使いやすいです。もっとも適したものをすぐに提出できるよう準備しておくことが大切ですね。

ライターとして意識したい営業ポイント

どのように情報を料理できるのか?

ポートフォリオでもっとも見せたいポイントは、「情報をどのようにまとめられるか」です。「文章力」というスキルの定義をよく見かけますが、営業相手が定義する「文章力」とライターが思い描く「文章力」が必ずしも一致するとは限りません。

「適切に情報をまとめられる」ということについては、極めて双方が認識しやすい評価ポイントとなります。ポートフォリオでは「情報をまとめる」力が伝わりやすいサンプルを集めましょう。

どんなジャンルを書けるのか?

もちろん、依頼する側ならば「どのようなジャンルが書けるのか」はライターを探すときに重要なポイントとなります。あなたが得意分野を絞るライターならば、その分野に特化した記事を集め、専門性や自身のスキルをアピールできる文章を出しましょう。

一方、マルチなジャンルで書けることを売りとするならば、できる限り多くのジャンルからサンプルを選び、かつ文章のスタイルに個体差があるものなどを掲出すると、能力を伝えられます。

どんな技術があるのか?

文章の良し悪しだけでは圧倒的な差をつけることはなかなか難しいですが、たとえば「取材ができる」、「写真が撮影できる」、「キャッチコピーも書ける」などの技術は伝えれば伝えるほどプラスになります。

ポートフォリオに掲出する素材を通じて、「こういうこともできますよ」と伝えるよう心がけると、仕事を任せるほうも評価がしやすくなるでしょう。

ポートフォリオを活用して営業をスムーズに

ライターのポートフォリオは、評価点がわかりづらいことと、評価するために読むのに時間がかかることが他のクリエイターのポートフォリオとやや違うポイントです。一方、気をつけることを意識して作れば、他のライターに差をつけた営業活動ができます。

ポートフォリオを作るときは、ぜひ意識してみてください。

-Job(仕事術)
-,

Copyright© Reap , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.