Job

2019年1月の実績や報告

投稿日:

ブログでは大変に遅いごあいさつですが、あけましておめでとうございます。宿木です。

特に抱負を語るでもなく、昨年の振り返りをするでもなく年末年始は過ぎました。

例年より怠惰で静かな年明けだなあと感じております。

本年は粛々と為すべきことを為し、健やかに遊び、ただあるがままに1年を過ごしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

とは言え1月。1年の始まり。今後継続していきたいことを始めるには良いタイミングですね。色々あるやりたいことのうちのひとつが、実績を月々振り返ることです。

尊敬しているライターの方がやっているのを拝見して、姿勢をまねることから始めたいと思いました。

ということで、今年から月ごとにお仕事の実績や経過を可能な限りまとめていきます。(公開できないものもあるので少なめですが……)

PR Table

「七転び八起き」を信条に――。三井農林の顔として、営業を楽しむ|三井農林株式会社

100年以上の歴史を持つ三井農林株式会社。その中でも食品卸や小売店とのやりとりをおこなう営業は会社の顔ともいえる仕事。2018年現在、静岡県全域の営業を担当する川本晃大(かわもと あきひろ)の仕事内容や、大切にするモットーに迫ります。

お互い裏切らない関係に――顧客を大切にする価値観が生み出したふたりの絆|株式会社MJE

MJEが掲げるコアパーパスやバリューは、顧客との信頼関係を深く大切にする文化をつくり上げています。今回は、なかでも際立って「お客様を大切にする」姿勢を貫いてきた営業、大黒寛登と、その姿勢に信頼を寄せる取引先企業の株式会社ALC代表取締役の花田原樹氏が「お客様を元気にする営業」のなかで築かれていった関係について語ります。

外国籍メンバーの多様性を生かす答えは、7つのコーポレートバリューに|アクティブ・コネクター株式会社

アクティブコネクターでは、社員一人ひとりの意見を生かして7つのコーポレートバリューを策定しました。その背景には、多文化を持つメンバーと組織を作っていくことで見えた課題があります。コーポレートバリュー策定の経緯を、小林喜子が語ります。

PR Tableではさまざまな取り組みをなさられている企業や、働いている方の声を間近に聴くことができて嬉しいです。

今回は営業職の方へのインタビューが2件あり、真摯にお客様に対応する姿勢を見習いたいと心から感じました。

また、今月は来月公開予定の記事の取材をさせていただいており、そちらの執筆も並行しておりました。ひとつの企業の中で複数の方に取材させていただくことに。とてもエモーショナルなお話を聞けていて、楽しいです。そちらもお楽しみに。

PRHYTHM TECH コーポレートバリュー/ミッション制作

PRHYTHM TECH | About Us

プリズムテックについて

PRHYTHM TECHは旧友である戸嶋一葉さんが創立した企業です。その企業のコーポレートバリューとミッションを制作させていただきました。

短い言葉のなかで彼女が成し遂げたいことを伝えるというのはなかなかに難しく、いかに美しい言葉を選ぶかでずーっと悩み続けていました。

代表である一葉はとても情熱的で、活動的で、太陽のような女性です。そういう彼女がこれからやっていきたいことを言語化することに、少しでも携われたことは本当に嬉しく思います。

WMG 2021 KANSAI PR記事執筆

World Masters Games | ワールドマスターズゲームズ2021関西

生涯スポーツの世界大会、World Masters Gamesが2021年5月に日本の関西で開催!!ワールドマスターズゲームズ2021関西 公式ウェブサイト

誰でも参加できる生涯スポーツの世界大会、「ワールドマスターズゲームズ2021」のPRを目的とした記事をシリーズで執筆しています。

関西エリアの魅力を伝えつつ、スポーツに興味のある方々の心に届くようなモデルコースを考え、SNS発信に適した形でコンパクトにまとめます。

2021年、まだまだ先のことのように感じますが、あっという間ですよね……。私も参加できたらいいな……綱引きとか。

MAMORIO

2018年、MAMORIOの変化を振り返る―数々の受賞、企業の成長― | MAMORIO株式会社

2018年、多くの話題を提供したMAMORIO。各アワードやデモデイでの受賞や社内での変化を通じ、今年をCEO増木大己とCOO泉水亮介が振り返ります。また、そこから見えるMAMORIOの今後の企...

MAMORIOでは、これまで社員の皆様一人ひとりの考えやイベントを取材させていただき、 Wantedlyで 記事にしてきました。模索をしながら「なくすを、なくす。」ことに真摯に向き合う姿勢に心を打たれ、何か貢献できることはないかと考え続けてきました。

結果として、MAMORIOで今後新たな形の情報発信をすることを提案させていただき、編集チームに新たな仲間を加えて企画が進んでいます。

「ただ言葉を紡いでいるだけでいいのか?」という問いは、MAMORIOという企業が大好きだからこそ、自分の中に湧き上がって止めることのできない疑問でした。

形になった場所で、またライターとして記事を書かせていただける予定なので、公開に向けて全力で準備を進めます。

その他のハイライト

まだ公開はできませんが、ある冊子の編集がいよいよ佳境に入ってきて毎日誰かに電話している日々です。今も。

その合間で、ウィンタースポーツの聖地・ニセコに取材に行ってきました。雪国育ちだからヘッチャラさと軽装で行ったら凄まじく凍えた。でも本当に素敵な時間を過ごせて、その魅力を全力で伝えようと執筆しました。北海道について伝えられるチャンスがあるならば伝えたい。だから、そのための第一歩として、とても思い入れのある記事です。

あと、ライターとして初のコラム執筆のお仕事をご依頼いただきました。しかも、自分のバックボーンを生かして書くことを求めてくださっていて。とてもとても嬉しくて、自分の心の中をそっと散策しながら言葉を選んでいます。

おまけ(仕事以外の執筆)

しばしお休みをしていたnoteを始めました。実はどちらも、大切な友人との共同マガジンなのです!

北の雪と南に住むクマのお手紙交換|ヤドリギユキ|note

札幌市に住む"ゆき"ことヤドリギユキと、福岡市に住む"くま"ことhiro。遠いふたりが交わす手紙のやりとり。

福岡ライター交流会で出会ったくまちゃんことライターの神代さんとの往復書簡マガジン。北と南、文化の違う場所で執筆するふたりの、なんてことない日常があふれ出す手紙のやりとりです。ローカルな情報や生活マガジンが好きな人はぜひフォローよろしくお願いいたします。

私たちはこれを愛してやまない。|ヤドリギユキ|note

都内ベンチャー企業でアート関連の制作・編集に携わる【じゅるり】と、東京と札幌の2拠点生活をしながらフリーランスで編集・執筆を行う【ユキ】。大学時代から付かず離れずの距離でお互いを認め合ってきた私たちは、もうまもなく30歳を迎える。共に歳を重ねた私たちが愛してやまない【モノ】を、愛情のままに語り尽くす。そんなマガジンです。

こちらは、大学時代からずっとずっと親しくしているじゅるりちゃんとのマガジン。テーマは「好きなモノ」。彼女のモノに対するほとばしるほどの情熱や、私の好きになったら嘗めまわすような性質を伝えていければと思います。相性が合えば、良いモノと出会えるマガジンになるかも。ご興味があればぜひフォローよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宿木雪樹(やどりぎゆき)

物語を形にする仕事をしています。執筆を主軸に企画/デザインもしながら生きています。平穏が好き。

-Job
-

Copyright© Reap , 2019 All Rights Reserved.