育て方 遊び方

写真とパステル画と光でコラージュ遊びしてみた

投稿日:

センス抜群の旧友と本気で遊ぶ流れに

こんにちは、雪樹(@yuki62533)です。

先日、各プロフィールのアイコンを実写に変更しました。

この写真を撮影してくれたのは、葉くん(@cashmerebear)です。

いつもはカッコいい映像を作っている葉くん。

こんなセンスのいい映像を作れてしまう葉くんが、「アイコン写真…どうしようかな…」と悩んでいる雪樹に「撮ろうか?」と声をかけてくれました。

旧友に撮影してもらえるなんて…という喜びとともに、葉くんが提案してくれたのが、「仕事としてじゃなくて遊ぼうよ!」の一言。

そう、彼は出会った頃からまっすぐに、真剣に楽しく遊べる人です。

写真とパステルを合わせよう

ということで、彼が撮影してくれる雪樹の写真と、雪樹が普段趣味で描くパステルを組み合わせて作品にすることにしました。

私が普段描いているのはこんな感じの絵です。

うーん、写真とパステル画なら、やっぱりコラージュかな
雪樹
できればアナログで合わせたいよね!質感を大事にしたい!!
Photoshopでドーンと出来るご時世に、あえてアナログ…イイネ!!

完全に大学生ノリで話は進みました。

なんとなくどうにかなるかな、という実験…大人が忘れたこの感覚。

今回は、そんな2人の作品作りの一部始終をご紹介します。

あまりに長い工程なので、さくさくと振り返ります。

大人になってもこんなこと本気でやる人がいるんだなあ。

こんな遊び方良いかもね、と思っていただければ幸いです。

どうぞご覧ください。

 初日:写真撮影とパステル画コラージュ実験

①写真撮影

まずは本来の目的であったアイコン写真撮影から。

葉くんが持ってきた「ベビーレンズ」という必殺道具を使って、オシャンティかつボケた匿名性の高い写真を撮影してもらいました。

近所の公園なのに雰囲気マックスです。太陽光もいい感じでした。撮影時間は1.5時間程度。

②写真確認/現像

帰宅後、撮影してくれた600枚前後の中から選抜。

雪樹
あれ、これ暗すぎて使えなくない?
いや、これは露光を上げれば結構いけるんだよ…ほらね
雪樹
おお!

というような現像作業をしていきます。

使用したソフトは「Adobe Lightroom」。

複数写真に一括して効果をつけたり、選抜してフラグを立てたりと、非常に便利です。

Photoshopとは違って、大量の写真管理や加工に特化したソフトでした。

雪樹は使ったことがなかったので、なるほどな…と学びつつ写真を選びました。

③選んだ写真を印刷

選りすぐりの写真を実際の用紙に印刷します。

プリンタが自宅にないのでキンコーズへ。

資金は自己調達なので、最小限のプリントのみ終えて帰宅します。

④パステル画を描く

え、今かよ」という感じですが、その場で即席で描きました。

楽しくなって写真を破いたり紙をくしゃくしゃにしたりします。

楽しすぎて幼児が遊んでいるゾーンと化しました。(※葉くんの家です)

⑤重ねて透かす

できあがったパステル画と写真を合わせるために…

100%素人は使わないであろう照明が登場しました。

雪樹
これすごい…明るい…っていうか熱いね
でしょう、撮影で使う照明だからね
雪樹
この上に紙をかざすんだよね…燃えない?
ああ、燃えることもあるけど大丈夫

大丈夫の定義が大きく広がったところで実験スタートです。

雪樹
あっつ!!あっっつ!!!
ちょっと冷まそうか…

こんなやりとりを繰り返し…

あれ、なんか後ろの写真の色が飛んじゃうな…
雪樹
グリーンが欲しいよ…宿木屋のグリーンが
もう1枚重ねるか

思考錯誤し…

雪樹
えっ…なんか…ふけた!?雪樹ふけた!?
本当だ…なぜ?熱で表情が変わったのかな…
雪樹
ふええ…っていうか紙から煙出てる
もうノリで貼り付けちゃったから変更できないしなー

てんやわんやした結果…

⑥満足のいく1枚が出来上がらなかった

雪樹
ごめんよ、葉くん…完成できなかった…
いや、形にしよう。絶対あきらめない、別日で挑戦しよう
雪樹
(…すげえ…感謝しかない…)

ということで、葉くんの忙しい年末でもう1日時間をくれることになり、再挑戦へ。

行き当たりばったりでやった写真とパステル画のコラージュについて、再考しました。

改善ポイント

照明…光が強すぎて紙が燃えるのでライトパネルへ変更

写真の印刷用紙…うまく透けなかったのでトレーシングペーパープリントに変更

パステル画を描く用紙…トレーシングペーパーだと粉が乗らないので薄い和紙へ変更

各素材の固定方法…ノリでつけると後に戻れない+微調整が効かないのでセロテープに変更

素材準備…当日だとすっちゃかめっちゃかになるので事前準備

普段は想像の域を超えないデジタルの世界で仕事をしている身なので、アナログの未確定要素に愕然としました

でも、こういうのってやってみなきゃわからない。

予想もつかない失敗をして、次に挑むことって、楽しい

やっぱり、わくわくが止まりませんでした。

2日目:写真とパステルコラージュ再挑戦

①素材準備

前回の反省を活かし、素材を事前に準備しました。

透けた時の面白さを考えながら、和紙や半紙など素材が面白いものをチョイス。

ベースとなる写真をトレーシングペーパーに印刷していざ撮影へ。

②打合せ

雪樹
今回、もうアイコンとは別のプロジェクトとして切り離すから、テーマを「魔女」にしたい
オッケー、色々試してみよう
雪樹
いくつか頭の中にある構図があるんだ…作ってみてもいい?

前回をふまえて建設的に企画を練ってきたことで、さくさくと準備が進みました。

③撮影

前回のような炎上のリスクを感じることなく、スマートな撮影風景となりました。

しかも、ライトパネルの上で様々な位置に素材を移動させながら撮影することができるように。

本格的にコラージュできる体制が整いました!!

雪樹
うおおお!おもしろい!綺麗!
これさ、ヒキで撮ってもいいけど、よってみると面白くない?

雪樹
ぎゃああああああ美しい…!!葉くん、よろう!よって撮ろう!
ああっ…いいよ…いい…いいよお…

暗い部屋でパステル画に対して2人の大人が興奮して騒ぐこと3時間…。

④現像

雪樹
……めっちゃ良くない?
うん…めっちゃ良い…
雪樹
…魔女感でた…ありがとう…

自画自賛しあいながら200枚前後の写真からお気に入りを選抜。

無事に大人の本気遊びを満足いく形で終わらせました。

真剣に遊ぶ時間は幸せ

ここで改めてなのですが、葉くんの本業は映像クリエイター、雪樹の本業はライターです。

2人とも本業とは全く違うことをしながらですが、実に、実に楽しみました。

普段はやらないことに挑戦してみる。

マネタイズしないで、好き勝手遊ぶ。

納得いくまで遊びきる

その時間をとるために、集中して働く

こういうごく当たり前のことをできる今が、とても幸せだと感じました。

こんな遊びを真剣にできる友人がいることに、心から感謝しつつ。

葉くん、ありがとう。

今回できた作品は後日別ページにて公開します

今回、葉くんとの製作した写真たちは後日別ページにて公開します。

ユニット名も決まりました…おっと、まだ内緒です

諸々準備しますので、興味がある方は雪樹のTwitterをチェックしつつお待ちください。

今後もパステル画と写真を使った遊び方を模索していこうと思います。

映像も作れたらいいなと考えているので、お楽しみに!

今回の実験で登場したものたち

LENSBABY SPARK

ブランド レンズベビー
製品型番 LB-6C
年式 2012
ズーム倍率 (光学) 1 倍
固定焦点距離 50 mm
焦点距離 (広角側) 50 mm
焦点距離 (望遠側) 50 mm
F値 (広角側) 5.6 f_stop
F値 (望遠側) 5.6 f_stop
レンズタイプ 単焦点レンズ

Adobe Photoshop Lightroom 6

直感的な操作で、RAWやJPEG画像をすばやく現像
顔認識機能すべての写真から自動的に同じ人物を検出が可能
ソーシャルメディアやWebギャラリー等様々な方法で写真を公開・共有

LEDバックライト ライトパネル

材質:アクリルフレーム
作業電圧:DC5V 重さ:976g
外枠サイズ(LxWxH):36*24*0.8cm サイズ:32*22cm
ルーメン:1100~1500Lux /色温度;6000k~7000k
セット内容:1*本体、1*電源Adapter(1.2m)

おまけ:雪樹、Instagramはじめたってよ

先日アイコンを変えたタイミングで、Instagramも投稿しはじめました。

雪樹が普段見ている風景やパステル画を中心に投稿します。

言葉は一切ありませんが、今回のような制作風景もリアルタイムで流れてきますので、興味のある方はどうぞ。

AmazonProver

AmazonProver

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宿木雪樹(やどりぎゆき)

物語を形にする仕事をしています。執筆を主軸に企画/デザインもしながら生きています。平穏が好き。

-育て方, 遊び方
-, ,

Copyright© 宿木屋│Yadorigiya , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.