Project(自主企画)

パリでフォーを食べたらとてもおいしかった話

投稿日:2018年2月12日 更新日:

こんにちは、雪樹(@yuki62533)です。

パリでベトナム料理を食べました。

あら?せっかく来たのにフレンチじゃないの?という感じですが、実はこれがめちゃめちゃおいしい。

しかも、日本人の舌にとってもよく合う

パリ通の方が教えてくれた、おすすめのベトナムレストランをご紹介します。

フランスと日本では胃袋のサイズが違う

観光旅行で数日滞在する程度なら耐えられるかもしれませんが、フランスの外食はめちゃめちゃ量が多いです。

比較的手を出しやすいカフェメニューの大半は肉で、へたすると数日で肉とポテトに胃袋を占拠されます

一方、お散歩していると超小顔の美人なお姉さんがフードファイター級の大皿をぺろりと食べているシーンなどを見かけます。

そもそもの胃袋のサイズが違うのだなあ、と痛感する日々……。

そんな日本人に救いの手を伸ばしてくれるのがトルビアック(Tolbiac)駅付近のベトナム料理店です。

パリのベトナム料理エリアで人気の「Pho14」

パリでは中国、日本、ベトナムなど国ごとのレストランが集まるエリアがあります。

トルビアック(Tolbiac)駅はベトナムレストランエリアで、道を歩けば「フォー」の文字やベトナムチックなロゴが目に入ります。

その中でも行列ができる人気店が「Pho14」です。

フォーがとにかく安い

パリで外食するとそれなりにコストがかかります。

日本で言うところのコンビニ飯やチェーン店にあたる安価なめし処は少なく、一食あたりの量も多いからです。

一方「Pho14」のフォーはとにかく安い

そこまでがっつりいらないよ、という日本人には嬉しい価格設定です。

適量のサイズが選べる

「Pho14」のありがたい選択肢、大小サイズは特筆すべき点でしょう。

フォーは全種大小サイズがあり、小サイズが日本で言うところの並盛りサイズです。

女性や胃袋のサイズに自信のない方には小サイズをおすすめします。

こうしておすすめできるサイズがあることが素晴らしい。

フォー以外のメニューもおいしい

お腹にスペースがあるならば、ぜひもう1品サイドメニューもどうぞ。

揚げ春巻きは絶品です。

出会ったことのないカリカリ感と絶妙な味付け。

量も5個1皿と適量。これならフォーと一緒に食べられます。

食通におすすめしたい牛肉フォー

雪樹が頼んだレアの牛肉がメインとなったフォーは、到着時は肉が赤い状態

薄くスライスされた牛肉は、徐々にスープの熱で赤みが引いていき、味の変化を楽しめます。

大皿に盛られたもやしやハーブ、玉ねぎなどを好みの量で盛り付けて楽しみましょう。

日本に来てほしいパリのベトナムレストラン

この店、日本に来いと心から願うパリのベトナムレストラン「Pho14」。

パリに長期で滞在する方や安くて美味い店をお探しの方は、ぜひぜひ足を運んでみてください!

Pho14 (トリップアドバイザー)

パリのリアルな生活がわかるおすすめ商品

パリ、愛してるぜ~
パリ、ジュテーム

-Project(自主企画)
-, ,

Copyright© Reap , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.