遊び方

忘れられない、透明感のある文系女子【デヴィーニュ・エネ・エ・フィス シャブリ2015】

投稿日:2017年11月10日 更新日:

ワインな世界の住人たちとは…

「ワインな世界の住人たち」とは、雪樹が飲んだワインの味や香りから広がった妄想を擬人化し、物語を作るシリーズです。ワインが起点ですが、ワインの味に対する直接的な表現は一切ありません。 それでも良いという方は、どうぞワインの新たな物語へと足を踏み入れてください…。(他記事一覧)

「あ、息、白くなった」

帰り道、いつもはマフラーで隠す口元を出して、彼女は笑う。

「もうすぐ、冬だね」

「おお」

幼馴染という理由だけで時々一緒の帰り道は、だいたい20分程度。

本当はずっと続けばいい、と思う。

xegxef / Pixabay

商店街は日暮れの時を映して、帰路につく人たちのシルエットが絵みたいだ。

黒髪をまっすぐ切りそろえて、化粧もしない君は、最近の“女子高生”とは程遠い。

 

 

小学生の頃から近所に住む彼女の成長過程は、ずっと見てきた。

彼女は何も変わらないし、何か変わった。

今の彼女は、まるで中学生みたいで、同時に新妻みたいだ。

 

「もう部活もねえし、受験勉強漬けだし、さみいし、ツマンネ」

俺は心の中で思うこととは全く関係のない、意味のない言葉を紡ぎながら。

 

「そうだねえ…でも、冬は好きだよ」

「ああ、まあ夏よりは過ごしやすいな」

 

「…覚えてる?中学校の時かな…授業で、夏目漱石、やったじゃない」

「え?なんだっけ」

「『月が綺麗ですね』って言ったら『愛してる』って意味だってやつ」

「……ああ、そんなのあったっけな!!俺、あれ意味わかんねえってキレてたな…」

「そう、『冬はさみい、夏はあちい、愛してるなら愛してるでいいだろ!!』って…面白かった」

 

彼女は目を細めて笑った。

「そういうとこ、なんも変わってないよね…」

「なんだよそれ…俺だってなーちょっとは成長したんだぞ」

「知ってるよ…見てたもん」

ふくれながら、俺は頬が熱くなるのを感じた。

愛してるなら、愛してるで、いい。

そんな単純なこと、わかってるのに。昔っから。

 

「ねえ、身長伸びた?」

「え!?」

びっくりして、立ち止まる。

だって、毎日教室で会ってるのに、何を突然…。

「なんとなく、そんな気がしたんだ」

彼女は、俺を見上げる。

その目が潤んで、街灯の光を灯した。

「…まあ、成長期だからなあ…」

言い淀んだ俺は、かゆくもない髪の毛をかいて、目をそらした。

 

「……ほんと、変わってないな…」

彼女はまた歩き出す。

信号が青になる。

人が動き出す。

時が流れ出して、商店街の明るいBGMが耳を満たす。

どこかから流れてくる惣菜の匂い、秋から冬へ変わる風。

 

「変わってないよ」

彼女が最後に漏らした吐息は、白く夕闇に溶けていった。

 

pinkolet / Pixabay

今なら、わかるんだ。

あの時、彼女が言った『身長伸びた?』は、『月が綺麗ですね』だったんだ。

今更気づいても、遅いよな。

知ってるよ。

そうやって、この季節になると、毎年思い出すんだ。

あの時の瞳と、言葉と、白い息を。

今回のワイン「デヴィーニュ・エネ・エ・フィス シャブリ2015」

デヴィーニュ・エーネ・エ・フィス・シャブリ 2015

シャブリらしい溌剌とした酸とフレッシュな果実味!!まさに王道をいく爽快なる辛口白ワイン。

 

今回のワインは「デヴィーニュ・エネ・エ・フィス シャブリ2015」。

とても若いようで、どこか奥深い白ワインでした。

それは、忘れられない女子高生なんです。

秘めた精神年齢が高くて、何考えてるのかいまいちわからない、あの子ですね。

でも、ちゃんと教室には溶け込んでいるんですよ。

透明感があるだけで、美人とか華やかとかモテるとか、女性的な魅力は感じません。

そんな彼女の魅力は、振り返れば「ああ、最高だったじゃん…」って忘れられなくさせるんです。

「デヴィーニュ・エネ・エ・フィス シャブリ2015」は、そんなワインです。

オススメの白ワインを募集します

雪樹はとっても赤ワインが好きです。

自分で選ぶと言えばだいたい赤ワインなのです。

今までは特に何も考えず気になったワインばかり購入していたのですが、このシリーズを充実させるためにも、白ワインにチャレンジしたいと思っています。

もしオススメの白ワインがありましたら、ぜひ教えてください。

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

AmazonProver

AmazonProver

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宿木雪樹(やどりぎゆき)

物語を形にする仕事をしています。執筆を主軸に企画/デザインもしながら生きています。平穏が好き。

-遊び方
-, ,

Copyright© 宿木屋│Yadorigiya , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.