「茶のお供」 一覧

すっぴんで泣いてしまえ、そんな日がある

懐かしい壊れたトイピアノみたいな音に包まれて、雨が降ってくる。
低気圧の密閉感の中で、今日という絶不調の日が端的に描かれていく。
曲の中にいる「女」は、一瞬で「私」にすり替わる。

スイーツ(苦笑)な時間、私を満たすショコラな一杯

「失恋ショコラティエ」を読んでから、ショーウインドーに並ぶジュエリーのようなショコラを見ると、必ずサエコさんを思い出す。潤うめどのない渇きをいやすため、一粒の美しい甘さを消費の砂漠で探す気持ちは、そんなに甘いものではないのよ。

Copyright© 宿木屋 , 2019 All Rights Reserved.