「 の記事 」 一覧

「カメラを止めるな!」を観たライターが全力でカメ止めの感想を書いて伝えたい「カメ止めを観てくれ!」

結論から先に伝えたい。どうしても、観ていない人に観てほしい映画がある。「カメラを止めるな!」という映画だ。いや、観た人ももう1度行こう(きっと観た人なら頷くはず、このメッセージ)。 その理由をどうやっ ...

ヤドリギ君の羊毛フェルト人形をオーダーメイドで作ってもらった理由と体験談

ヤドリギ君が羊毛フェルト作品になるまでの経緯と理由 羊毛フェルト作品の魅力に惹かれて念願のオーダーを決意 「羊毛フェルト」……このジャンルを知ったのは、ちょうど一年前。それまで仕事に追われる日々で未知 ...

ライター業で「役立つ」と思う習慣、性格、ツール

ライター業にもマズローの5段階欲求が当てはまる 振り返るとマズローの言う通り ライターとしてお仕事をはじめてから、月日が経ちました。いろいろなお仕事をいただき、学ばせていただきつつ、今も生きています。 ...

Canvaの有料プランをブロガーやnoteクリエイターにおすすめしたい!課金してよかったCanva

Canvaとは? Canvaとは、簡単な登録のみでWebブラウザ上でバナーやヘッダーのデザインができるサービスです。オーストラリア発の本サービスは、「デザイナーではない人が気軽に素材を作れる」ことを目 ...

「ひとりの時間に、誰かを読む」人間関係に疲れたひとにおすすめする書籍4選

『コンビニ人間』―ひとまわりしてすがすがしい生き方。 主人公の心情や見えている世界に、「ああ、作品にしてくれてありがとう」と思う読者が多いのではないでしょうか。冒頭13ページを読んで共感を覚えたら、あ ...

LIFE SPEC CO-OP 2で考えた、これからのわたしたちに“ちょうどいい”商品と、豊かな出会い

風通しがよい。 イベント「LIFE SPEC CO-OP 2」に対して浮かんだ最初の一言です。ジャンルや店舗という垣根にとらわれない、適度な温度のやさしい風が吹き抜けるような感覚が、終始参加者に流れて ...

相手を想い、自分を言葉に−卯岡若菜が言葉を紡ぎ続ける理由

「読者と同じ視点で」等身大のライター術 卯岡若菜さんに取材をして気が付いたのは、複数の視点から物事を捉えるところでした。 Aの立場から見たらこうだけれど、Bの立場から考えると違うかもしれない。多視点で ...

no image

「編集」とは?書籍「編集者・ライターのための必修基礎知識」から学んでWebコンテンツの編集を考える

2018/07/07   -Job
 ,

編集って何なの?Webコンテンツの編集に携わって疑問が深まった 編集しているのか、わからない 文章に関わるなかで、“編集”と名のつくお仕事をいくつか任せていただき、“編集”に定義される仕事の振れ幅が非 ...

Pityman「ハミング・イン・ウォーター」に寄せて―ある家族を繊細にとらえた80分間―

2018/06/25   -Diary, Lifework
 ,

Pityman「ハミング・イン・ウォーター」公演 2018年6月23日から26日までのあいだ、新宿眼科画廊にて演劇集団Pityman(ピティーマン)の公演「ハミング・イン・ウォーター」が上演されていま ...

ヘルマン・ヘッセ「デミアン」をやわらかく読みくだいて紹介してみる

「デミアン」はあるひとりの人が“確立する”までの物語 今の私たちにもつながる、あるひとりの少年の物語 「デミアン」の作者であるヘルマン・ヘッセは20世紀前半のドイツ文学者として有名で、名前だけ知ってい ...

Copyright© Reap , 2018 All Rights Reserved.