家茶記録

ジャスミンティーの色香を強く感じるので、その理由を探ってみた

投稿日:2019年5月11日 更新日:

「ジャスミンティーの色香、濃いわあ」


これ、「あの子とっても魅力的だよね」と同義の称賛なのだけれど、茶に対して私が感じているエクスタシーを言葉にするのは難しい。性的に興奮しているというわけではないのだが……色香を感じる。特に、ジャスミンティーはその気が濃い。

私は飲み物を擬人化するのが好きだ。昔はワインを飲むたびに「これは30代の清潔感があるメガネをかけた男性だな」なんて想像をしていた。お茶も同様、飲んだ瞬間に広がる香りや広がり方、味が立体的に組み立てられて、ひとつの像に結びつく。

安易かもしれないが、ジャスミンティーからはチャイナドレスを着た女性の曲線美を連想する。スモーキーグリーンの生地で、上質な肌触り。そのラインが音になり、二胡のなめらかな旋律が聞こえてくる。中国産のお茶であるという事前情報がなくても、きっと同じような想像をしたに違いない。

普段ならこれで終わりにするところだけれど、この色香はどこからやってくるのか調べてみた。

理由①製造方法が美しく儚い

ジャスミンティーとは、ジャスミンの花の香りを移したお茶のことを指す。ベースとなるお茶は何種かあるが、基本的な製造方法は同じだ。

茶葉につぼみの状態のジャスミンの花を混ぜ込むと、夜につぼみが開花して、その香りが茶葉に移る。高級なお茶になればなるほど、何度もこの工程を繰り返す。たくさんのジャスミンを使ったジャスミンティーは、それだけ長く花の香りが楽しめるお茶として、私たちを楽しませてくれる。

白く可憐な花が、茶葉に香りを移しながら夜に咲き乱れる様子は、大変に美しいと思う。しかも、求める香りを移したあとの花は、もっとも美しい姿に開いた花は、茶葉から除かれてしまうのだ。なんて儚い、なんて贅沢。

その製造方法の結果、うっとりする香りを放つジャスミンティーになる。それを考えれば、香りの奥に感じる色香にも納得する。

理由②飲んだ人の緊張を緩和させる効果がある

ジャスミンには、美しさや香り高さ以外の魅力もある。ジャスミンティーを飲むと、ストレス解消や自律神経の緊張緩和、女性ホルモンのバランス調整など様々な効果が見られるそうだ。日常的にジャスミンティーを飲む中国では、こういった精神安定の効果も加えて、広く人々に愛されている。

お茶は植物が人にもたらす効果を効率的に摂取する手段のひとつで、ジャスミンティーに限らず、栄養摂取や体調改善の薬として用いられることがある。ということは、自らが欲する効果を持つお茶を、体は本能的に求めるのではないだろうか。

無意識に求めるから、魅力的に感じる。特に、茶を淹れたときにふんわりと広がる花の香りに対する欲求は、たまらなく切実なものだ。ジャスミンティーに惹かれる私は、つまりストレスを解消したい、緊張を緩めたいと願っているのかもしれない。

高貴な香りだけれど、カジュアルに飲んで

ちなみに、ジャスミンティーは中国ではとても日常的な茶らしい。カップに直接茶葉をひとつまみ入れて、直接お湯を注いで飲むスタイルも一般的だと知った。

甘く華やかで優雅な香りは、私の人生経験だと少しだけ高級な中華料理店をイメージする。家で飲むとしても少しだけ上質な茶器を使おうとする自分がいた。

けれど、効能のことを考えれば、もう少し敷居を下げて楽しんだほうがいいかもしれない。茶渋がついてちょっと欠けたカップでもいい。仕事で疲れた体を取り急ぎあたためる一杯としてもおすすめできる。

それこそ、これだけの色香を持つ茶だからこそ、普段着になっても魅力は衰えない。チャイナドレスを脱いだジャスミンティーも愛せる。そんなことを考えるほどに、ジャスミンティーの魅力のとりこだ。

やみつきのジャスミンティーと、読んだ本

LUPICIA 茉莉花茶

さっぱりとした中国緑茶がベースの、味と香りのバランスが良く飲みやすいジャスミンティー。たっぷり楽しみたい方におすすめです。(引用)

中国茶の教科書: 体にいい効能と茶葉の種類、飲み方、すべてがわかる

本書では中国茶の効能、簡単な飲み方、効果的な飲むタイミングなど、中国茶を飲むときに「本当に知っておきたいこと」を紹介。さらに最新トレンドも取り入れた約150種類の茶葉を、全種類写真付きでわかりやすく紹介しています。そのほか、食前酒代わりのスパークリングジャスミンティーや、大人の夜にぴったりの紅茶「正山小種」×シングルモルトの組み合わせなど、中国茶をもっとおいしく、より楽しむための具体的な提案も。体によく、おいしく楽しく中国茶を飲むために必読の一冊です! (引用)

-家茶記録
-, ,

Copyright© 宿木屋 , 2019 All Rights Reserved.